コラム

COLUMN

化粧筆の毛質について

keshitu

化粧筆に使われている毛は、さまざまな種類があります。
用途や大きさにより厳選し、ときには異なる素材を混毛することによって、目的に合った化粧筆を作り上げていきます。
京都 六角館さくら堂の化粧筆は毛先をカットすることなく、自然な毛先を活かしているため、滑らかで柔らかい究極の肌触りを実現します。

化粧筆の価値は、原料の価格や品質、希少価値で決まるものではありません。
お使いいただく皆様の目的や用途、好みに合った化粧筆をお選びいただくことで初めて価値が決まります。
素材の特徴をご理解いただいたうえで、その良さを活かした使い方をしていただくことがとても大切だと考えています。
皆様のお化粧の目的や好みに合った化粧筆をお選びいただく際の参考にしてください。

山羊・粗光峰

山羊

しなやかなコシと耐久性があり、良質で長い毛が取れるのでいろんな形状に加工されています。
一本一本クリンプ(縮毛)になっているため発色・粉含みが非常によく、粉飛びが少ないのでとても扱いやすいです。
比較的入手しやすい素材なので、手に取りやすい価格帯で一般的に良く用いられています。

粗光峰(そこうほう)

山羊のあごの下や喉元の日光に当たらない柔らかい毛の部分を粗光峰(そこうほう)といいます。
通常の山羊毛に比べて毛先が細いため肌当たりがとても柔らかく、粉含みが良いのが特徴です。
リス毛に近い柔らかさを持つので、混毛してパウダーブラシやチークブラシに使われることが多い。

山羊・粗光峰の主な化粧筆

この商品を購入する

リス

灰リス

化粧筆に使用される素材の中でも特に高級素材として知られています。
尾の部分が使われており、近年では長くて良質な毛が手に入りにくく、希少性が高まっています。
非常に細く柔らかい毛質で、繊細な肌当たりで、刺激に弱いお肌にも使っていただけます。
発色が優しく、シルクのような艶やかな仕上がりをお楽しみいただけます。

松リス

リス毛の中でもコシがあり、灰リスに比べてやや弾力があります。粉含みが良く、刺激が少ない。
アイシャドウブラシやチークブラシによく用いられます。
尾の部分が使われており、毛丈30mm~50mmが多く取れます。

灰リス・松リスの主な化粧筆

この商品を購入する

全体的にコシが柔らかく、しなやかでストレート(直毛)な毛質です。肌なじみが良く、耐久性があります。
山羊毛に比べて粉飛びしやすいが、発色に優れているので、アイシャドウブラシやチークブラシ、リップブラシなどによく用いられます。
山羊毛と同様に比較的入手しやすい素材で、品質も安定しています。体のほとんどの部分が原料として使えるため、部位によって毛質が変わります。

馬の主な化粧筆

この商品を購入する

イタチ・コリンスキー・セーブル

イタチ

コシが大変強く毛先が細く柔らかいので独特のしなりがあります。
耐久性がとても強いので、口紅やコンシーラーなどの油分の多い練り系の化粧品にも使えます。
近年、原毛の入手が極めて困難になってしまったため希少価値が高騰しています。

コリンスキー(赤テン)

イタチより毛先が細く、肌当たりが繊細です。毛がまとまりやすく細いラインが描きやすいので、アイライナーやリップブラシに用いられます。
こちらも年々希少価値が上がっていて、高品質な素材は入手が難しくなっています。

セーブル(黒テン)

コリンスキーと同じ仲間。吸い付くようなしっとりとした毛質でコシがあり肌当たりも柔らかいです。
当店の化粧筆では、松リスとの混毛でアイシャドウブラシとして使われています。

イタチ・コリンスキー・セーブルの主な化粧筆

この商品を購入する

ウォーターバジャー

毛元が荒くて太いが、毛先は細くなっています。化粧筆の素材の中で最も硬くコシの強い毛質です。
耐久性が高く、優れた発色でアイブローブラシや、男性用のシェービングブラシに使われます。

ウォーターバジャーの主な化粧筆

この商品を購入する

たぬき

コシがあってしなやかで毛先が鋭く粉飛びが少ない毛質です。
毛が粗く一本一本がしっかりしているが、肌当たりが柔らかいので、短い毛丈でもチクチクせずに使えます。
当店では、スクリューブラシが人気です。

たぬきの主な化粧筆

この商品を購入する

PBT(ポリブチレンテレフタレート)

人工毛なので、毛先の細さや色など用途に合わせて作られています。
速乾性と耐久性があり、お手入れがしやすいので主に、油分の多いリキッドファンデーションブラシやリップブラシ、洗顔ブラシに使われています。
近年では、人口毛の品質が飛躍的に向上し、天然毛の特徴を忠実に再現した化粧筆も販売されています。

PBTの主な化粧筆

この商品を購入する

SHARE