コラム

COLUMN

化粧筆の洗い方!メイクブラシのプロが教えるお手入れ方法

化粧筆の洗い方

皆さんは、化粧筆ってどのくらい使ったら『洗わなきゃ!』ってなりますか??
化粧筆を洗わないで使い続けていたら、雑菌が繁殖して肌荒れの原因になってしまったり
毛切れなどをおこして、化粧筆の劣化につながります。

お気に入りの化粧筆をずーっと長く大事にお使いいただくために
コスメ大好き!化粧筆を愛してやまないスタッフが、化粧筆の洗い時と洗い方のポイントを教えます。

化粧筆を洗うタイミングは?

化粧筆を洗うタイミングは見極めが難しいですよね。
実は、化粧筆をお買い求めになったお客様からいただくご質問N0.1!
ご使用のたびに毎回、ティッシュでふき取っていれば、頻繁に洗う必要はありませんが、
だからと言って全く洗わずに使い続けていたら、雑菌が繁殖して肌荒れの原因になってしまったり
毛切れなどをおこして、化粧筆の劣化につながります。
お気に入りの化粧筆を長く大事にお使いいただくために、これらのチェックポイントを確認してみてください。

image4

【こんなサインが出たら洗い時!】

  • 肌触りがチクチクする
    毛に汚れがたまってきたら、毛と毛がくっつきやすくなり肌あたりが痛くなってきます。
    刺激はお肌にもよくないので違和感を感じたら、洗いましょう。
  • 皮脂や油分で触った感じがモッタリする
    化粧品の油分や皮脂などが付着し筆先がモッタリとした肌触りになっていきます。
    放置しておくと雑菌が繁殖し、肌荒れの原因になってしまいます。
  • 化粧品を含んで穂先が白っぽい
    使った後にふき取っていても徐々に汚れが蓄積します。白っぽくなってきたら洗い時!
  • 毛の中に汚れがたまっている
    穂先をかき分けたとき、毛に化粧品がこびりついてしまうとそこから切れて劣化の原因に。
    (ケーキング現象)
    毛が切れると肌触りも悪くなってしまいます。

image4

洗い方

では、実際に洗っていきましょう!以下のものを用意してください。

【用意するもの】

  1. 洗剤(化粧筆専用クリーナー、スポンジパフ用洗剤など)
  2. コンディショナー(化粧筆専用、なければ洗い流すタイプのコンディショナー)
  3. ボウルやカップなどの容器
  4. 清潔なタオル
  5. 輪ゴム(化粧筆1本につき2つ)

洗う前の注意点:ティッシュで汚れを落として、ぬるま湯で余洗いする

まず、穂先についた汚れを大まかに落とします。
ティッシュで汚れを払い、毛の表面についたほこりや汚れをぬるま湯で洗います。
髪の毛を洗う時と同じですね。

使う洗剤:化粧筆専用クリーナーやスポンジ・パフ用の洗剤を薄めて

化粧筆の洗い方

  1. 容器に1/4ほどの水かぬるま湯を入れ、洗剤を適量溶かします。
  2. 穂先をぬるま湯につけ、優しく振り洗いをします。汚れがひどい場合は、優しくもみ洗いをします。
  3. 洗剤液の色が変わらなくなるまで繰り返します。
  4. 流水でしっかりすすいだ後、容器に1/4ほどの水かぬるま湯をいれ、コンディショナーを少量溶かします。
  5. 優しく振り洗いをした後、流水でしっかりすすぎます。

乾かし方:タオルドライ、自然乾燥

化粧筆の洗い方

  1. しっかりすすいだ後、優しく穂先を絞り、水気を切ります。
  2. 乾いた清潔なタオルなどで根元を開くように優しくポンポンと水気を取ります。
  3. しっかり水気をふき取ったら、形を整えます。
  4. 穂先は下向きか寝かせるようにして乾かします。図のように輪ゴムがあると便利!

輪ゴム2個で簡単!ぶら下げ用タグの作り方

化粧筆の洗い方

  1. 輪ゴムを2つ八の字に重なるように置きます。
  2. 下の方を上の中から通します。
  3. 下の中にもくぐらせて引っ張ります。
  4. 片方を化粧筆の軸にくくり付け、もう片方を洗濯ばさみで挟んで乾かします。

化粧筆の洗い方

日頃のお手入れで化粧筆長持ち!メイクの仕上がりが変わります。

いつもお化粧をするときに、使い終わった化粧筆はどうしていますか?
さっき塗ったアイシャドウやチークの粉が毛先に残ったまま仕舞っていませんか?

そのまま放置しておくと、毛の中に残った化粧品の粉末が皮脂や油分と混ざって固まってしまいます。
この現象を“ケーキング現象”といいます。
一般的にパウダーファンデーションやアイシャドウなどによく見られますが、実はパフや化粧筆などメイクツールにも起こります。
毎日のちょっとしたひと手間でお化粧ノリが良くなり、化粧筆の寿命もグンと長持ちします。

image2

毎日のお手入れ方法

山羊毛、馬毛、イタチ毛などのコシがある毛質の化粧筆の場合

メイクが終わったら、筆に残っている粉をしっかり落としましょう。
ご使用のたびに毎回ティッシュなどで毛の部分を優しく拭ってください。
この時、ごしごしと強くこすりつけてしまうと摩擦で毛が痛んでしまい毛切れの原因となってしまいます。
優しくふき取ってください。

image2

リス毛などの細くて柔らかい毛質の化粧筆の場合

ご使用のたびに毎回ティッシュなどで毛の部分を優しく拭ってください。
リス毛はとても細くて柔らかい繊細な毛質です。毛がもつれやすいので一定方向に優しく拭ってください。
もし毛がもつれてしまったら、根元から優しくクシを通してあげてください。
市販のヘアコームでOKです。

image2

リキッドファンデーションや口紅、グロスなどの場合

油分が多く含まれるリキッドファンデーションや口紅は必ずその都度ふき取りましょう。
リップブラシなどは、ついつい毛を挟んで引っ張るように拭ってしまいがちですが、強い力で引っ張ると根元からすっぽり抜けてしまいます。
ティッシュなどを使ってそっと指先で挟んで拭うようにしてください。
ファンデーションブラシは、ほかの化粧筆同様ティッシュなどでふき取ってください。

image2

収納方法は“立てて収納”がおすすめ。持ち運びは専用ポーチやケースを。

普段よく使う化粧筆は、手の届きやすいところに置いておくのが一番です。
使いたいときにサッと手に取れるようにしておくとメイクの時短にもなりますね。
多くの方がペン立てのようなものに立てて置いていると思います。
立てて収納する際に一つだけ気を付けていただきたいのは、ギュウギュウに詰めすぎないこと。
毛の部分が他の筆にあたってしまい、型崩れの原因になります。穂先が当たらない程度に余裕を持たせて収納するようにしましょう。

旅行や外出先でのメイク。極力荷物にならないようにミニサイズの化粧筆セットを使うことがあるかもしれません。
しかし、普段使いなれないツールでのお化粧は意外とストレスですよね。
いつも使っている化粧筆をお出かけ先でも使いたいときは、専用ポーチに入れるか、穂先をカバーするキャップがあると便利。
ポーチなら、綿棒やヘアピンなどちょっとした小物を一緒に収納できますし、ブラッシュキャップならかさばらずスマートに持ち出せますね。

スタンドポーチ ブラッシュキャップ

この商品を購入する

メイクの仕上がりを左右する買い替えのタイミング

化粧筆の寿命は、一概に何年とは言い難いものです。
しっかりと丁寧にお手入れしていただければ、末永く愛用していただけますが、やはり毛質や使用頻度、使い方などで買い替え時が変わってきます。
では何を基準に判断すればいいでしょうか?

それは、『肌触り』です。
肌に直接触れる毛先の肌触りや、粉含み、メイクのノリ方・・・。毎日使っていく中で少しずつ違和感を感じ始めたら買い替えを検討してください。
チクチク刺激を感じたり、毛先がパサパサしてきたり、コシやハリがなくなってくると、お化粧もうまく仕上がりません。
もし、自分での判断が難しい場合は、一度お店に持ってきてみてください。プロの目で判断し、新しい筆選びのお手伝いをさせていただきます。

SHARE