コラム

COLUMN

入籍のみのカップルへの結婚祝いはどうしたらいいの?

wedding_5

最近は、結婚式や披露宴を行わず入籍だけで済ませたり、披露宴の変わりにちょっとしたパーティーだけを行うカップルも少なくありません。

こちらのコラムでは、あなたの仲のいい友人から結婚の報告を受け、結婚式・披露宴はしないと報告を受けたときの
お祝いのしかたや、気を付けるべきマナーをご紹介します。

いったいどんなものを贈ればいいの?

1)お祝い金だけを贈る

結婚式を挙げない場合でもご祝儀を贈るのが一般的です。一般的な相場は1万円です。
ただし1万円という金額はあくまでも一般的な相場で、相手との関係性によって金額を決めましょう。

2)ご祝儀+お祝いの品を贈る

ご祝儀と一緒に気持ちのこもったプレゼントを添えるのもいいでしょう。
新生活に役立つ品物や、一生の記念になるようなものを贈るとよい思い出になります。
普段なかなか自分では手が出ないような高級な品をグループ連名で贈るのもアリですね。

もし、好みがわからない場合は、何が欲しいかを率直に聞いてみましょう。
他の方と被ってしまうこともなくなりますし、趣味の合わないものを選んでしまうといったことも避けられます。

お祝い金の相場

お祝い金

結婚式に出席する場合のご祝儀は、以下のような内訳といわれています。

・お料理、引き出物、席料‥‥2万円
・お祝い金‥‥‥‥‥‥‥‥‥1万円

披露宴に出席されない場合は、お祝い金だけで大丈夫です。
多く包みすぎないように注意しましょう。

パーティ形式の場合

披露宴はしないがお祝いパーティに招待されている場合、
会費制の時は、会費+お祝い金(お祝いの品)を持参するといいでしょう。
受付の際に、係の人に渡しておけば大丈夫です。

会費は財布からそのまま出してもマナー違反にはなりません。
会費がない場合は、食事代として1万円程度持参しましょう。

渡す方法と時期

wedding_4

正式な渡し方は、大安や先勝などの吉日の午前中にお相手の家を訪問し、
直接お渡しするのがマナーといわれています。
中国に古くから伝わる「六曜」という暦から割り出された“縁起のよい日”で
カレンダーにも記載されていることが多いので、普段から気にされている方も多いと思います。
結婚祝いを贈る日も六曜の吉日がよいとされ、「仏滅」「赤口」などの凶日は避けましょう。

しかし、お互いの都合を合わせたり遠方でなかなか会えないこともあるでしょう。
その場合は、郵送でも問題ありませんが、現金書留を利用してください。
最近多いメール便や簡易郵便は現金を送れませんので、必ず確認してから送りましょう。

直接渡す場合

結婚の報告を受けてからできるだけ早めに贈りましょう。
直接お渡しする場合もご祝儀袋に入れ、袱紗で包んで持参します。

郵送の場合

郵送の際は、お祝いのメッセージを添えてあげましょう。
現金書留でもお祝いはご祝儀袋に入れるのがマナーです。封筒のサイズを選ぶ際は、
ご祝儀袋が入るか確認して購入するのがおすすめです。

友人何人かで連名で贈る場合

仲の良い友人と連名で贈り物をする場合も、ご祝儀の相場を目安にして選ぶとよいでしょう。
親しい友人の場合は、だいたい一人当たり3000円~1万円当たりのギフトが一般的。
美容家電や高級化粧筆など、自分ではなかなか買えないような美容グッズも人気が出てきています。

最近では包装や箱にもこだわった、熨斗やメッセージカードなどもつけることができる結婚用のギフトサービスも増えてきています。
のしなどのマナーがわからない場合は、お店に相談できると心強いですね。

当店では、贈り物の用途をご相談いただいた場合、最適な熨斗紙、包装のご提案をさせていただきます。
送り主様の気持ちを伝えるメッセージカードや、直接お渡しする際に最適な紙袋などもご用意しております。

hanasakura

SHARE